「ヤミ金」タグアーカイブ

FAXや手紙による脅迫的取立て

ヤミ金業者は、FAXや手紙なども取り立ての手段として利用しています。都①業者のカナリヤは、青木雄二氏の「ナニワ金融道」の漫画を利用した取立てのFAXを債務者に送りつけて債権の回収を行なっていました。

この漫画は「◯◯物語」という題名になっていて、「◯◯」のところに債務者の名前を入れればどの債務者に対しても利用できるような漫画になっています。

漫画には「ブラック、踏み倒し大好きな◯◯さん!!」「◯◯さ~ん、早う~返済せ~やボケー!!」「この先はあなた次第!! 天国か地獄か?」などというような債務者に心理的なプレッシャーをかける文言が並んでいます。

ヤミ金融業者のなかには、債権者の夫の勤務先にまで脅迫的な手紙を出して債権回収を図ろうとしている業者もいます。あるヤミ金業者は「大変!! 職員の方で自己破産者が」と題する手紙を債権者の夫の勤務先である営業所の所長宛に出して債務者に心理的な圧力をかけています。

この手紙のなかには「追伸、判断を誤ることにより、現在の社会情勢を考えると、弱いものは淘汰される傾向が多々あるようなので、身体面にご注意ください。明日は我が身にならぬよう」と、勤務先の所長をも脅迫するような文言が入っています。

ヤミ金融の非人間的な過酷な取立てに耐えきれず家出・夜逃げした多重債務者もかなりいるのではないかと思われます。このような被害者を救済するために、ヤミ金の積極的な検挙を行なっていくことが求められています。

ヤミ金の口コミについて

ヤミ金というのは、金融庁に登録していない違法業者で、法定利息以上の金利で貸付をします。近年、総量規制やグレーゾーン金利の撤廃などで、ヤミ金業者もかなり打撃を受けました。

しかし一方で、消費者金融の与信が厳格化したことで、貸し渋りや貸し剥しが急増し、借りられない多くの人が、ヤミ金を利用する事態に陥って事態は深刻化しています。

ヤミ金の口コミを見ると、ヤミ金で過去にかなり苦しみ、職業まで捨てました。今は普通に暮らしていますが、ヤミ金に頼っていた時は、返済の日々で大変でした。今思うと何だったのだろうと思いますが、当時は地獄でした。今ではヤミ金からお金を借りることはなく、財布に数万あればしばらく生活は出来る状態です。

こんな口コミもあります。以前、ヤミ金に頼って自己破産したことがあります。クレジットカード、大手サラ金、ヤミ金と借金フルコースを歩んできたのですが、最後はヤミ金にあの手この手で随分と苦しめられました。

高金利、押し貸し、担保詐欺など、今冷静に考えると、何でと思うようなものに、お金を絞り取られてきました。最終的には、弁護士の先生に相談して、ヤミ金の嫌がらせや脅しをなんとか跳ねのけることができました。など、口コミを見るとヤミ金との壮絶な厳しい戦いが浮彫にされています。