「ヤミ金 債務整理」タグアーカイブ

紫外線対策は、オールシーズン休みなし

女優さんたちは、「キレイが仕事」ということはよくわかっているつもりですが、彼女たちの若さは群を抜いています。インタビューで、特別な美容方法があるのかを尋ねた記事がありました。

彼女いわく「特別には何もやっていないけど、日焼け止めクリームをこまめにつけていることぐらいかしら。私、もともと色白だから、日に当たるとすぐ真っ赤になってしまうのよ。やっぱり、仕事柄日焼けした肌ではいられないから、それだけは若いころから気を使っているわね」この言葉を聞いて、彼女の肌の美しさがやっと納得できました。

紫外線は、いろいろな形で肌に悪さをします。肌に弾力やハリを持たせるコラーゲンなどを壊してしまったり、肌の中のメラニンの色をより濃くしてしまったり。それが、シミ、シワ、たるみといった老化を引き起こす原因となります。

紫外線がいかに肌に悪影響を及ぼすかは、ふだん、ほとんど日光に当たらない胸や二の腕の内側を見ていただければ分かると思います。そう、紫外線から肌を守る方法は実は簡単なこと。

日光に当たらない配慮をすればいいのです。帽子をかぶるとか、なるべく日陰を歩くようにするとか、ちょっとした気づかいをするだけで、ずいぶん違ってきます。

もちろん、まったく日に当たらない生活は不可能だから、日焼け止めクリームを塗ってカバーしてあげる。毎日毎日では小さいことでも、10年後、20年後の肌は明らかに変わってくると思います。

資産があると、返済額が増えるケースも

小規模個人再生では、借金総額(利息制限法に基づいて引き直した総額)に応じて、返済しなければならない金額(最低弁済基準額)が決まります。ただし、どんなケースでも、この最低弁済基準額さえ支払えばよいというわけではありません。

自己破産は「借金の支払いをせず、借金を解決する方法」です。しかし、一定の資産があれば資産は現金化され、業者などに分配されます。小規模個人再生では、自己破産したときに分配される資産があるかどうかが問題にされるのです。

具体的なケースで考えてみましょう。仮に5社から借り、借金総額は450万円、資産は200万円のHさんがいたとします。このとき自己破産と小規模個人再生ではどんな違いが起こるでしょうか。

自己破産の場合……450万円の借金はなくなるが、200万円の資産を現金化して5社に分配する。分配する額は、各社の借金額によって決まる。 

小規模個人再生の場合……返済しなければならない金額は総額100万円。5社の借金額に応じ、この100万円を分配する。資産は処分せずにすむ。

Hさんにとって、どちらが有利でしょう。もちろん、小規模個人再生です。小規模個人再生をすると、支払いで100万円有利になります。しかも、自己破産と違い、小規模個人再生では、200万円の資産を持ち続けることができるからです。

あなたがヤミ金被害で悩み苦しむ事はない

ジャパンネット法律事務所は実績件数が5000件と多く、警察との太い繋がりもあるのが特徴です。
ヤミ金被害でお悩みの方は、まずはジャパンネット法律事務所に相談してみることをお勧めします。

ヤミ金業者は「お金に困っている人」が食いつくような好条件や、大手企業に酷似したロゴや名前を使用することで、「ここなら大丈夫」と思わせ、ヤミ金地獄への罠を仕掛けてきます。

一度ヤミ金業者からお金を借りてしまうと、違法な高い利息や取り立ての電話、職場や家族・親戚への嫌がらせなど、返せなくなるたびにどんどん被害が拡大していき、利息も膨らんでしまいます。そうなると、専門家の力なくしては問題を解決することはできません。

もし万が一、ヤミ金に手を出してしまった場合には、焦らず落ち着いてすぐに専門家に相談してください。
原則として、ヤミ金からお金を借りても返す義務はありません。法律上は、借りた金額=元本さえも返す必要がないのです。

さらに、すでに返済した元本利息も取り戻せる可能性があります。ヤミ金はこういったことを全て理解したうえで違法な行為をしているのです。

ということは……いくらお金を借りてしまったからといって、違法な高い利息を払い続ける意味もなければ、嫌がらせを受ける意味もありません。つまり、あなたがヤミ金被害で悩み苦しむ事はないのです。

しかし、先ほど述べたように、ヤミ金に手を出してしまうと、専門家の力なくして問題は解決しません。ですから「ヤミ金に引っかかった」と分かったら、すぐにジャパンネット法律事務所に相談してください。実績豊富な経験と知識から、あなたに最適な解決方法を提案し、サポートしてくれます。

パウダ-ファンデーションには紫外線カット効果がある

日焼け予防には、パウダーファンデーションを重ねると効果的です。パウダーファンデーションは、とくに日焼け止め効果をうたったものでなくてもすべて、紫外線防止効果をもっています。

ファンデーションの色粉は、紫外線散乱剤と似たようなものだからです。たとえば、レーザー治療をするときに、パウダーファンデーションが肌に少しでも残っていると、レーザーの光が跳ね返されてしまうほどです。

日焼け止め化粧品だけに頼っていると、どうしても多少はシミができてくるものですので、ファンデーション(もしくは粉おしろいでも可)を重ねるとよいでしょう。リキッドやクリームタイプよりもパウダータイプがよいのは、リキッドやクリームタイプには界面活性剤などが含まれていて、肌荒れの原因になることがあるからです。

日焼け止め効果をうたっているファンデーションもありますが、これらは逆に、紫外線吸収剤を含むことがありますので、あえてそのようなものでなく、普通のパウダータイプを選ぶ方が、肌にはやさしいといえます。

家にいることが多い主婦の人などは、メイクをする必要がないので、日焼け止め化粧品だけを塗って過ごす場合もあるようです。しかし、日焼け止め化粧品だけを塗るならば、パウダーファンデーションだけを塗る方が、シミになることは少ないようです。

実際に女性たちの肌を見ていると、日焼け止め化粧品だけを塗って素肌でいる人は、シミができやすいようです。これは、日焼け止め化粧品を塗る量が少なめであることとも関係しているのでしょう。

アラフォー婚活始めました

アラフォー婚活を始めました。なぜなら、職場に独身男性がいないからです。30代後半になると、パーティに行っても、なかなか見向いてもらえなくなるのでさすがに焦ります。

しかし今の時代、アラフォーでも諦めることはありません。アラフォーでもやり方次第では、幸せな結婚をしている女性はたくさんいます。婚活といってもその方法は色々で、結婚相談所、婚活サイト、出会い系サイト、お見合いパーティーなど多岐に渡ります。

ただ1つ言えることは、恋愛を中心に考えるのであれば、まず好きな人ができなくてはいけません。また、アラフォー婚活を始める場合、最終的には恋愛感情が必要でありながら、条件面も重視しないといけません。

色々な男性と出会って付き合ってみるのが一番で、そのためには、自分の条件にあった男性との接点が多いサービスを選ぶ必要があります。

アラフォー婚活で気をつけないといけないのは、結婚相談所や婚活パーティでせっかく出会ったのに、次から次へとこの男性はダメだと繰り返してしまうことです。それ相応の男性は、それ相応の情報サイトや結婚相談所に加入しているものです。その辺をまず念頭に置き、結婚相談所の一括資料請求で色々と調べてみましょう。

解決事例…完済した3社から、610万円が戻った

過払い金の返還請求では、すでに完済した業者からの返還を求めることもできます。債務一覧表をつくるときの注意として完済した業者の情報も忘れずに記入してください。ということがあります。

その理由がここにあるのです。Fさん夫婦の場合、奥さんの借金は11社から総額700万円近くありました。引き直し計算をすると、そのうち7社に過払い金があり、取り戻した過払い金で残り4社の借金を無事返済することができました。

そのほか、Fさんの奥さんにはすでに完済した借金が3社ありました。それら3社のうちP社は相談する2ヶ月前、S社も1年前、AI社は2年前に完済ししていました。

「完済するとそれで終わりと思われますが、サラ金などの場合、額の多少はあれ、ほぼ100パーセント過払いになっています。完済して10年以内であれば、過払い金を取り戻すことができます」この話に、Fさん夫婦は驚かれたようでした。さっそく引き直し計算をすると、3社合計で610万円の過払い金が発生していました。

Fさん夫婦は完済した会社に過払い金返還請求をし、610万円も取り戻しています。完済した業者から過払い金を取り戻せば、いま苦しんでいる返済がぐっと楽になったり、借金の引き直し計算をしてすべてが返済できるケースもあります。心当たりの方は、一度、確認されてはいかがでしょうか。

 

バツイチのための婚活

バツイチのための婚活は、どのようにすればいいのでしょう。バツイチの人は、初婚の人と違い、婚活するに当たっては注意するポイントがあります。

まず、 バツイチになった理由を自分なりにしっかりと反省をし、次の結婚に生かすことです。前回の結婚生活を振り返り、なぜ結婚生活がうまくいかなかったのかを真摯に振り返る必要があります。

単に相性が悪かったというのではなく、まず過去の出来事を認めることです。また、バツイチの人は、離婚の理由を伝える時、相手を悪く言わないことです。相手を悪く言うと、どうしても自分の欠点をさらけ出すことになります。

特に言わなくてもいいようなことは、極力言わないことです。ただ、相手のことを言わずに離婚の理由を伝えるのは難しいので、自分の非も認めるようにすることです。バツイチで再婚したいけれど、なかなか良い出会いがないという人は、結婚相談所の利用がおすすめです。

結婚相談所なら、新しい出会いのチャンスが大きく増えるからです。真剣な気持ちで結婚相手を求めて入会している人が多いので、再婚だからと自分を卑下してしまうことなく、自然体で再婚相手を探すことができます。

任意整理とは?

任意整理とは、払いすぎた利息を過払い金として返金してもらうことで、借金を返済するという方法です。手続きは弁護士や、司法書士の方がおこなってくれるため、借りている本人は結果を待つだけで大丈夫です。

任意整理をおこなうことで、催促の電話もこなくなりますし、今後も過払い金で悩むことはなくなります。ですが、ヤミ金からお金を借りている場合は、注意が必要です。

任意整理を代行する業者は多くありますが、中には裏でヤミ金業者とつながっているというところも少なくありません。実際には弁護士や司法書士の資格を持っていないのに、任意整理業者だと違法で営業している人もいるのです。

引っかかってしまうと、手続きの料金を請求して、後は何もせずに連絡が途絶えたり、利息が全く減らなかったりという被害に遭ってしまいます。

そのため、弁護士や司法書士に相談する事がいちばん良い方法ですが、ヤミ金に雇われている弁護士もいるようです。
信用できると思っていた弁護士や司法書士に相談しても騙されてしまったということもあるようなので、どんなことがあっても、ヤミ金には手を出さないということが大切です。

ヤミ金に強い弁護士さん

弁護士というと、どのような案件であっても相談に乗ってもらうことが出来るのではないかと考える人は多いと思います。しかし、弁護士にもそれぞれ得意としている分野と不得意としている分野があるそうです。

刑事事件の被告の弁護を得意としている人や、民事事件の案件を得意としている人などさまざまです。最近では債務整理を得意としている弁護士さんもいますが、ヤミ金については債務整理を得意としている弁護士さんでも依頼を受任したくないと感じている弁護士さんも多いそうです。

この理由としては、一般的な消費者金融などを相手にする時には、法律という規制の中で処理をしていくことが可能なのに対して、ヤミ金は法律を無視した存在であるがために法律をもって処理をすることが難しく、また受任したことによって、ヤミ金の嫌がらせ行為が受任した弁護士にも向かって行われることがあるからです。

もし、ヤミ金問題で弁護士さんに相談をするのであれば、ヤミ金問題に強い弁護士さんに依頼をする方がいいようです。このヤミ金に強い弁護士さんであれば、ヤミ金への対処方法などを熟知していますので信頼できるのではないでしょうか。

婚活サイトの実態について

婚活サイトの実態を見ると、サイトによってかなりバラツキがあるようです。婚活サイトの多くは、真面目な男女の会員で構成されていますが、婚活サイトの中には、出会い系サイトと同じようなところもあります。

そうしたサイトでは、メールや電話の段階から、男性から露骨に体の関係を迫ってきたりします。女性のほとんどは、精神的なつながりや信頼関係を最初に築かないと、深い関係にはなれません。

時間をかけて、互いの距離を縮めながら、本当に大事にしてくれるような思いやりのある男性を見つけるには、評判が良くて実績のある婚活サイトを利用する必要があります。ネットの婚活サイトでの成功例ももちろんありますが、利用する場合は、婚活サイトの実態調査をよくする必要があります。

素性のよくわからない男性といきなり会って突然仲良くなっておつきあいするというのは、無理があります。お見合い、合コン、婚活パーティ、結婚相談所など、自分の性格、特徴に合ったものを選択する必要があります。おすすめなのは、登録の際、各種証明書の提出が必要な、本人確認をしっかり行う婚活サイトです。