オリーブオイルにダイエット効果がある理由

オリーブオイルはどうしてダイエットに良いといわれているのでしょうか。
ダイエット中は、一日大さじ1~2杯のオリーブオイルを摂取することが推奨されています。
オリーブオイルといっても油なので、カロリーは他の植物性オイルと大差ありません。
しかし、オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、血中のコレステロール値を抑え、動脈硬化のリスクを低減させる作用などがある健康成分といわれています。
エネルギー代謝しきれないほどの量の油を取り入れた場合、余ったエネルギーは脂肪となって内臓周りなどに蓄えられます。
しかし、オリーブオイルにはオリオロペインという成分が含まれていて、たんぱく質に影響するので、体内に蓄積されるはずの脂肪が分解されて水とエネルギーと炭水化物に変わるのです。
そのため、オリーブオイルはダイエットに良いといわれています。
また、オリーブオイルには小腸を刺激して便通を良くする働きもあるので、便秘がちな方には特におすすめです。
腹持ちが良いという特徴もあるので、市販のドレッシングをやめてサラダなどに良質のオリーブオイルをかけて食べると、自然に食欲が抑えられてダイエット効果はさらに高まるでしょう。