ごろ寝ダイエットの方法

ごろ寝ダイエットは名前の通りとても簡単なダイエットです。しかし、どんなに簡単なダイエット方法でも大切アノは続けることです。
ごろ寝ダイエットは、運動の手順に慣れれば体に負担をかけずに続けられるでしょう。
まず、ごろ寝する場所で横になり、足を肩幅より広く開きます。
そして、右脚を床から10センチほど上げて足首をすね側に反らします。この運動はふくらはぎをすっきりさせる効果があります。
充分に反らしたら、そのままの状態で30センチほど脚を開きます。ゆっくり開いて2秒~3秒静止したあと、静かに元の状態に戻します。
これを左右7~8回くらいずつ行いましょう。慣れないうちは腹筋がキツく感じることがありますが、続けるうちに慣れるでしょう。
次は、仰向けの楽な姿勢からはじめる運動です。
床から30センチほど片脚を持ち上げます。これをゆっくりと行うと筋肉を強化することができます。
30センチほど持ち上げてストップした脚をさらに高く上げます。片足につき7~8回おこないましょう。
最後は、ごろ寝した状態で右膝の裏から太ももを抱えて上半身を起こします。腹筋を鍛える運動です。これは左右10回ずつくらいを目安におこないましょう。
ごろ寝ダイエットは、股関節や腹筋が鍛えられるので、お腹周りや下半身が気になる人にオススメです。