クレジット以外のEdyの利用

クレジットを扱う場合、Edyについても知っておくと便利です。
最近は電子マネーを取り扱う店舗や施設がとても多くなりました。
専用のカードに、電子情報として現金をチャージするものを電子マネーといいます。
WAON、PASMO、Suicaなどが代表的な電子マネーといえるでしょう。
Edyは、ソニー系企業のビットワレットが扱う電子マネーです。
カードを所持していなくても、コンビニなどでEdyのマークを見たことがあるのではないでしょうか。
現在はコンビニを中心に全国18万4000カ所でEdyを利用することができます。
また、クレジットカードやそれ以外のカードにEdyの機能がついていることも多く、それがEdyの拡大に一役買っています。ポイント付き会員カード、キャッシュカード、クレジットカードでは、楽天カードやヤマダ電機、ANAのカードにEdyがついています。
クレジットカードとEdy連動しているクレジットカードもあり、使い方次第ではポイントがたまりやすくお得になるというメリットがあります。Edy付きのクレジットカードはとても使いやすいそうです。
今後ますますクレジットカードと電子マネーの機能は密接につながってくでしょう。
クレジットカードを作る時は、ライフスタイルに応じてEdyなどの電子マネー機能が付いたものを検討してみるのもいいかもしれませんね。