クレジットによるEdyのチャージ

Edyは、クレジットとは別に使うこともできます。提携している会社が多くいろいろな場所とシーンで活用できるEdyはとても便利で、クレジットカードと提携しているということがその最たるものです。
ショッピングの精算をクレジットカードでおこなうとEdyポイントも貯まります。
Edyを他のポイントに移行させたり、他のポイントをEdyに移行したりすることも可能です。
ANAカードの場合は、Edyのポイントにマイレージポイントを移行することができます。
WAONカードは、JALのクレジットカードと提携しています。
また、電子マネーの便利な機能として、おサイフケータイがあります。EdyはNTTと提携しているので、Edyの機能がついた携帯電話をおサイフケータイとして使用することができます。キャッシュレスの便利な支払いができてとても便利です。クレジットカードからチャージするのも簡単です。
クレジットカードではなくても、Edyとポイントカードが連動している店もあります。クレジットカードは持ちたくないけど、電子マネーならキャッシュレスでも現金払いと同様の使い方ができるので生活がとても快適になるでしょう。
最近は、学生証や社員証にEdy機能をつけるというところもあるそうです。キャッシュカードやクレジットカードだけでなく、いろいろなものに付帯しているEdyは使いこなすととても便利なものとなるでしょう。