債務整理で専門家を選ぶポイントは?

債務整理では、専門家に相談することが間違いのないスタートの切り方であると同時に、どの手続きでもスムーズに解決にもって行く道です。その場合、相談する専門家にはどんな人達がいるのでしょうか。

相談する相手は司法書士、行政書士、弁護士になります。このうちのだれに相談しても、費用がかかる、かからないといった点は違いますが、債務整理の相談に乗ってくれます。ただし、行政書士は、現実の業者との交渉や裁判はできません。

“弁護士以外に、認定司法書士も、業者と債務整理の交渉や訴訟の申立てができる”

認定司法書士とは「法務大臣から認定を受けた司法書士」のことです。この認定司法書士は、業者との交渉や訴訟の申立て代理人になることができます。ただし、その範囲が簡易裁判所での扱いに限られています。

このことから、地方裁判所への申立てになる個人再生や自己破産では、認定司法書士は申立て代理人にはなれません。また、1社あたり140万円を超える過払い金の訴訟も、地方裁判所への申立てになります。

簡易裁判所以外への申立てになった場合、本人が申立人になります。これを「本人訴訟」といい、司法書士は、必要な書類の作成、債務整理をスムーズにすすめるアドバイスで支援してくれます。

あなたが事情きちんと話してくだされば、その聞き取った内容から必要なすべての書類をつくり、手続きを円滑にすすめることができます。