あらゆる法的手段でヤミ金に対抗する

取立てをストップさせることのほかにも、弁護士が介入することによって、さまざまな法的手段による対抗策が可能になります。

たとえば、ヤミ金に対して、借金の契約が無効だから借金自体が存在しないということを、裁判で認めてもらうための債務不存在の確認請求訴訟をしたり、すでに支払った分を取り返すための不法利得の返還請求訴訟をしたりといったことが可能です。

また、違法な取立てについては、単に取立て行為をストップさせるだけでなく、不法行為に基づく損害賠償請求をすることもできます。さらに、場合によっては簡易裁判所に特定調停の申立をして和解を考えるケースもあるでしょうし、あるいは弁護士が直接ヤミ金と交渉をして和解することもできます。

いずれにしても、そのケースごとの最良の解決法を選択できるということも、弁護士に依頼する大きなメリットであるといえるでしょう。

借金のトラブルはヤミ金に限ったことではありません。誰もが名前を知っているような大手サラ金のなかにも、ヤミ金と同じような問題を起こしているケースがあります。

しかし、大手のサラ金ともなると、顧問弁護士を抱えているなど訴訟対策も万全です。そんな企業を相手に、個人が対抗しようとしても難しいでしょう。そのようなサラ金が相手のケースでも、やはり弁護士に協力してもらう必要があります。