「未分類」カテゴリーアーカイブ

携帯代が高いので、格安スマホにしてみました。

携帯代が高いので、格安スマホにしてみました。
最近けっこう格安スマホが出てて、それほど差はないみたいですが友達が持っているということでDMM mobileに決定。
他のキャリアとも一応比較してみたんですが、格安スマホの場合あまり大差はないですね。
ちなみにDMMのスマホは、1GBの高速通信プランが660円~で最安値、低速通信時のバースト機能、1カ月のデータ繰り越しありというのが特徴で、ドコモの回線を使用しているのでサービスエリアもドコモと一緒なんです。
前のスマホがドコモだったので、この点は私にとってかなり重要なポイントでした。
スマホを使っていて一番問題なのって、通信速度が遅いことと電波が入らないことですよね。
DMMモバイルは、留守電とかキャッチホンが使えないので、通話メインの人には少しデメリットがあるのと、キャリアメールが使えないっていうのもあります。
私の場合は知り合いと連絡を取るのはほとんどラインなので、通話やキャリアメールは特に必要ありませんでした。
なので、その辺のことにこだわりがなくて、ラインとかアプリでゲームをする漢字であればDMMモバイルでまったく問題ないと思いますよ。
不便さがないなら安いに越したことはないですよね。キャビテーション 効果

グレーゾーン金利

サラ金やクレジットカードのキャッシングの金利を規制する法律が日本には2つあり、一つが「出資法」です。これは刑罰の対象となる金利を定めており、一定の金利を超えると処罰されます。

もう1つは「利息制限法」で、これは民事的効力の限界となる金利を定めており、制限金利を超えた利息契約をすると、超過分については利息契約が無効になるという法律です。

当時も今も、利息制限法では、年15~20%を超える利息契約をしても「超過部分は無効」とされているのですが、利息制限法には罰則がないため、ほとんど守られてこなかったことが問題でした。

サラ金問題に取り組み始めた1970年代は、出資法の上限金利が年109.5%であり、この金利を超えると処罰されるので、サラ金業者は出資法の上限金利以下の金利で営業していました。多くのサラ金業者は、年利100%近くでした。すなわち、借りた元本が1年で倍になるわけです。

サラ金規制法によって、出資法の上限金利が、段階を追って年109.5%から年73%、それから年54.75%、年40.004%に引き下げられました。

このように金利は下げられていたのですが、本来守られるべき利息制限法の制限金利との間にはまだ差があり、その間の金利は「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。サラ金規制法が施行された以降も、グレーゾーン金利の範囲内で、サラ金やクレジット会社は営業をしていたわけです。

美脚は冷え性と筋肉不足の改善がポイント

誰もがうらやむ美脚になるためには、冷え性と筋肉不足を改善するのがポイントです。

冷え性はむくみに関係しています。夕方になるとふくらはぎがパンパンにむくんだり、靴がきつくなったり、ソックスのゴムのあとがいつまでも残ったり、冬場はブーツのファスナーが上がらなくなったりといったことはよくあります。

体が冷えるために、代謝機能が低下して水分代謝がスムーズにいかなくなることで、下半身全体が冷えてむくんでしまうのです。水分を摂るとむくみが出るからといって、水分の摂取を控える人がいますが、たっぷり水分を摂った方がむくみにはいいといわれています。

それから、塩分は体内で水分と結合するので、塩辛いものを食べ過ぎるとむくみやすくなります。冷え、むくみを解消するだけで、脚がふたまわりくらい細くなると言われています。

エステでむくみケアを受けた友人なども、1回の体験でびっくりするほどサイズダウンして、見た目も変わったと驚いていました。脚が太くなったのではなく、むくんでいただけで、実際には太くないということがエステで初めて発覚したというのはよくあるそうです。

代謝がよく、健康的で引き締まった美脚になるために、体が冷えたらすぐにむくみ対策をしましょう。