「日記」カテゴリーアーカイブ

任意整理とは?

任意整理とは、払いすぎた利息を過払い金として返金してもらうことで、借金を返済するという方法です。手続きは弁護士や、司法書士の方がおこなってくれるため、借りている本人は結果を待つだけで大丈夫です。

任意整理をおこなうことで、催促の電話もこなくなりますし、今後も過払い金で悩むことはなくなります。ですが、ヤミ金からお金を借りている場合は、注意が必要です。

任意整理を代行する業者は多くありますが、中には裏でヤミ金業者とつながっているというところも少なくありません。実際には弁護士や司法書士の資格を持っていないのに、任意整理業者だと違法で営業している人もいるのです。

引っかかってしまうと、手続きの料金を請求して、後は何もせずに連絡が途絶えたり、利息が全く減らなかったりという被害に遭ってしまいます。

そのため、弁護士や司法書士に相談する事がいちばん良い方法ですが、ヤミ金に雇われている弁護士もいるようです。
信用できると思っていた弁護士や司法書士に相談しても騙されてしまったということもあるようなので、どんなことがあっても、ヤミ金には手を出さないということが大切です。

ヤミ金に強い弁護士さん

弁護士というと、どのような案件であっても相談に乗ってもらうことが出来るのではないかと考える人は多いと思います。しかし、弁護士にもそれぞれ得意としている分野と不得意としている分野があるそうです。

刑事事件の被告の弁護を得意としている人や、民事事件の案件を得意としている人などさまざまです。最近では債務整理を得意としている弁護士さんもいますが、ヤミ金については債務整理を得意としている弁護士さんでも依頼を受任したくないと感じている弁護士さんも多いそうです。

この理由としては、一般的な消費者金融などを相手にする時には、法律という規制の中で処理をしていくことが可能なのに対して、ヤミ金は法律を無視した存在であるがために法律をもって処理をすることが難しく、また受任したことによって、ヤミ金の嫌がらせ行為が受任した弁護士にも向かって行われることがあるからです。

もし、ヤミ金問題で弁護士さんに相談をするのであれば、ヤミ金問題に強い弁護士さんに依頼をする方がいいようです。このヤミ金に強い弁護士さんであれば、ヤミ金への対処方法などを熟知していますので信頼できるのではないでしょうか。

婚活サイトの実態について

婚活サイトの実態を見ると、サイトによってかなりバラツキがあるようです。婚活サイトの多くは、真面目な男女の会員で構成されていますが、婚活サイトの中には、出会い系サイトと同じようなところもあります。

そうしたサイトでは、メールや電話の段階から、男性から露骨に体の関係を迫ってきたりします。女性のほとんどは、精神的なつながりや信頼関係を最初に築かないと、深い関係にはなれません。

時間をかけて、互いの距離を縮めながら、本当に大事にしてくれるような思いやりのある男性を見つけるには、評判が良くて実績のある婚活サイトを利用する必要があります。ネットの婚活サイトでの成功例ももちろんありますが、利用する場合は、婚活サイトの実態調査をよくする必要があります。

素性のよくわからない男性といきなり会って突然仲良くなっておつきあいするというのは、無理があります。お見合い、合コン、婚活パーティ、結婚相談所など、自分の性格、特徴に合ったものを選択する必要があります。おすすめなのは、登録の際、各種証明書の提出が必要な、本人確認をしっかり行う婚活サイトです。

食事の回数が肥満を左右する!?

過食をすると、肥満になりやすくなることは確か。でも、だからといって、肥満者のほとんどが過食傾向にあるとは限りません。むしろ肥満者の3分の2~4分の3は、肥満でない人と同じか、それ以下のエネルギーしか摂取していないという研究結果も。これは、食事回数や食事時間が肥満に大きく影響しているということなのです。

1日の食事で「欠食あり」の人は「欠食なし」の人より男女ともに皮下脂肪が厚くなっています。朝食抜きは肥満につながることは確かなようです。

朝食を抜く人は、昼食や夕食で大きな食事をとったり、間食をしがちです。朝食でとったエネルギーは、その後の長時間の活動のなかできちんと消費していくことができます。しかし、夕食後は休憩するので、エネルギー消費も滞りがち。遅い時間に大量に食べるほど、摂ったエネルギーが、体脂肪になる確率も高まってしまいます。

さらに、朝食を抜くと、心もパワーダウン。おなかが満たされないと心も満たされず、ストレスがたまりやすくなるのです。その結果が間食や、ドカ食いなど……。

朝食を抜くと、太る条件がいろいろ揃ってしまいます。同じカロリー量でもまとめて食べるか、分けて規則正しく食べるかの差ハ思った以上に大きいということ。元気に痩せるためには、まずは朝食を食べること。そこから始めましょう。

 

FAXや手紙による脅迫的取立て

ヤミ金業者は、FAXや手紙なども取り立ての手段として利用しています。都①業者のカナリヤは、青木雄二氏の「ナニワ金融道」の漫画を利用した取立てのFAXを債務者に送りつけて債権の回収を行なっていました。

この漫画は「◯◯物語」という題名になっていて、「◯◯」のところに債務者の名前を入れればどの債務者に対しても利用できるような漫画になっています。

漫画には「ブラック、踏み倒し大好きな◯◯さん!!」「◯◯さ~ん、早う~返済せ~やボケー!!」「この先はあなた次第!! 天国か地獄か?」などというような債務者に心理的なプレッシャーをかける文言が並んでいます。

ヤミ金融業者のなかには、債権者の夫の勤務先にまで脅迫的な手紙を出して債権回収を図ろうとしている業者もいます。あるヤミ金業者は「大変!! 職員の方で自己破産者が」と題する手紙を債権者の夫の勤務先である営業所の所長宛に出して債務者に心理的な圧力をかけています。

この手紙のなかには「追伸、判断を誤ることにより、現在の社会情勢を考えると、弱いものは淘汰される傾向が多々あるようなので、身体面にご注意ください。明日は我が身にならぬよう」と、勤務先の所長をも脅迫するような文言が入っています。

ヤミ金融の非人間的な過酷な取立てに耐えきれず家出・夜逃げした多重債務者もかなりいるのではないかと思われます。このような被害者を救済するために、ヤミ金の積極的な検挙を行なっていくことが求められています。

ヤミ金の口コミについて

ヤミ金というのは、金融庁に登録していない違法業者で、法定利息以上の金利で貸付をします。近年、総量規制やグレーゾーン金利の撤廃などで、ヤミ金業者もかなり打撃を受けました。

しかし一方で、消費者金融の与信が厳格化したことで、貸し渋りや貸し剥しが急増し、借りられない多くの人が、ヤミ金を利用する事態に陥って事態は深刻化しています。

ヤミ金の口コミを見ると、ヤミ金で過去にかなり苦しみ、職業まで捨てました。今は普通に暮らしていますが、ヤミ金に頼っていた時は、返済の日々で大変でした。今思うと何だったのだろうと思いますが、当時は地獄でした。今ではヤミ金からお金を借りることはなく、財布に数万あればしばらく生活は出来る状態です。

こんな口コミもあります。以前、ヤミ金に頼って自己破産したことがあります。クレジットカード、大手サラ金、ヤミ金と借金フルコースを歩んできたのですが、最後はヤミ金にあの手この手で随分と苦しめられました。

高金利、押し貸し、担保詐欺など、今冷静に考えると、何でと思うようなものに、お金を絞り取られてきました。最終的には、弁護士の先生に相談して、ヤミ金の嫌がらせや脅しをなんとか跳ねのけることができました。など、口コミを見るとヤミ金との壮絶な厳しい戦いが浮彫にされています。

食事制限だけで体脂肪は操作できない

太ってくると、「まず揚げ物や炒め物を避けて、カロリーを控えて……」と考えがちです。そして、この選択は間違ってはいません。

健全な生活を営むうえで必要な3大栄養素といえば、炭水化物(糖質)、脂質(脂肪)、たんぱく質。そのうち、体脂肪に変わる率が高いのは、炭水化物と脂質です。たんぱく質は多くが体づくりに使われ、その過程で多量のエネルギーを消費するため体脂肪にはなりにくいのです。

そこで、体脂肪を増やさないためには、栄養バランスが偏らない程度に、炭水化物や脂質の摂り過ぎに注意すべきです。ただし、これだけで体脂肪が減ると思ったら、ちょっと甘い。たとえ、2キロ体重が減ったとしても、その内容が問題です。食事制限だけでは“体脂肪だけマイナス2キロ”は、ハッキリ言って無理なのです。運動を抜きにして食事制限だけ行うと、まず最初に減るのは水分です。

体を構成しているのは、主に水分、筋肉、脂肪ですが、いちばんに水分、さらに筋肉や骨などの体組織が次々と減っていきます。つまり、いちばん退治したい体脂肪は、ビクとも動かない状態、となるわけです。

体脂肪の合成は、インシュリンという、すい臓でつくられるホルモンによって促進されます。運動で積極的に体を動かせば、このインシュリンの作用を抑制し、脂肪合成をゆるやかにできるようになります。

食事で体脂肪の蓄積を抑え、運動で筋肉をしっかり鍛えて、体脂肪を燃やしやすい体をつくる。これで、はじめて筋肉や骨を減らさず、体脂肪のみ減らすことができるのです。

 

リバウンドのたびに体脂肪のおまけがつく

ここでちょっと、あなたのダイエット史を振り返ってみてください。今までどんなダイエットを体験してきたか、どれくらい持続できたのか、なぜ挫折したり辞めてしまったのか、などなど……。

「ダイエットは一生続けるものと考えて、昔から正しい食事と運動を心がけてきました」こんな発言ができる優等生はそれほどいないでしょう。肥満かそうでないかにかかわらず、たぶん大多数の人が過去何通りかのダイエットにトライし、理由はどうであれ、途中でやめてしまった経験があるのでは? 

とくに「ダイエットのたびに食事制限。リバウンドの苦い体験を繰り返した」という人に、警告! 見た目にわからなくても、体脂肪太りが進んでいるかもしれません。「体重が増えるたびに、食事を抜いて、一気に痩せてはドカ食いする、の繰り返しだった」としたら、体脂肪太りは、もはや疑いようもありません。

ここでハッキリ認識しましょう。食べずに急激に体重を落とすハードなダイエットほど、体脂肪はかえって増え、“太りやすく、しかも痩せにくい体”が出来上がってしまうのです。

そもそも食事制限は、我慢の連続で、長続きできません。だからこそ、短期決戦に走りがち。たとえば短期間ハードな食事制限を続け、数キロ体重が落ちたとしましょう。

その段階でひと安心し、もとの食生活に戻せば、体重は簡単に逆戻りしてしまいます。そうなるのは、体重は落ちても太りやすい体質そのものは変わっていないから。

前と同じ食生活に戻れば、以前の体重に戻るのは時間の問題なのです。「マイナス〇キロに成功!」も、つかの間の喜びにすぎません。しかも、今まで飢餓状態だった分、体は大切な脂肪をため込もうととする方向に働くのだから、さあ大変!

さらなる問題点は、無理なダイエットは、体脂肪を少し減らすことができても、筋肉や骨もいっしょに減らしてしまうということ……。