乾燥肌を予防するスキンケアの注意点

乾燥肌対策のためのスキンケアで、気をつけたい点がいくつかあります。
人間の皮膚は、紫外線や乾燥によって水分が失われます。また、食生活や加齢も影響します。
肌には本来、保湿力が備わっています。スキンケアによって本来の保湿力を高めることで、乾燥肌対策をすることができます。
洗顔料は、肌の汚れや老廃物を落とす一方で、肌を保護する皮脂と汗も取り除いてしまいます。
また、着色料や鉱物油、合成界面活性剤が多く含まれている化粧品を使用し続けると肌がダメージを受けて乾燥肌の原因になります。
乾燥肌対策のスキンケア化粧品で、乾燥肌が悪化するのは本末転倒ですね。
皮脂は肌を保護する天然の保湿クリームと言われています。そのため、皮脂の分泌が少なくなると肌の水分が蒸発してしまい、油分も水分も足りないカサカサ肌になってしまうのです。肌の保湿力を高めるためには、肌本来の保湿力である皮脂分泌を大切にすることが重要です。
乾燥が気になると、油分の多い乳液やクリームをつけてしまいがちですが、乾燥肌を悪化させないためには、水分をたっぷり補うことも大切です。
保水をしてからクリームやオイルで保湿をすると、乾燥対策として万全となります。
まずは肌がどのようにして乾燥するのか、乾燥の予防には何をすべきかを理解し、適切なスキンケアをおこなうように心がけましょう。