にきびと痕

にきび痕は気になるものです。思春期から青年期にかけて、ホルモンバランスによってにきびができることがよくあります。にきびは主に顔にできるので、目立ちやすくコンプレックスに感じる人も多いでしょう。
思春期を過ぎた大人の肌にもにきびができることがあります。ニキビは、放置すると自然治癒することが多いのですが、いつまでも痕が残ってしまうこともあります。
にきびは、皮膚から分泌される皮脂や汚れが毛穴に詰まり炎症を起こすとできます。
軽いものは毎日の洗顔とスキンケアで徐々に改善していきますが、時にはそれどころではないにきびもできることがあります。
痕になりやすいのは黒にきびや赤にきびと言われるタイプのニキビです。こうしたニキビは適切なケアをしてしっかり治す必要があります。膿を持ったにきびは、大きくなって腫れやすいので、どうしても気になって触ってしまったりつぶす人もいますが、それをしてしまうと痕が残りやすくなるので我慢しましょう。
人間の手には雑菌がたくさんついているので、つぶしたニキビが感染症を起こし悪化することもあります。
悪化したにきびは回復も遅くなり、痕もなかなか消えません。にきびは皮膚科で治療することもできるので、悪化してしまった場合は受診を検討してみてください。ひどい炎症は自分でなんとかしようとするより早めに皮膚科に行った方が良いでしょう。
ニキビ予防の基本は、適切な洗顔を行うことです。肌をこすらないように気をつけながら丁寧に洗顔して保湿を心がけることでニキビができにくい素肌を作ることができます。