顔の若返りのためにできること

皮膚の若返りを阻害し顔を老化させてしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。加齢と共にしみ、しわ、たるみが目につくようになるのは、主に2つの要因によります。皮膚のコラーゲンが不足し、皮膚が乾燥することが、年を取ると顔が老けて見える理由になります。適度な保湿力を保てなくなると皮膚表面は乾燥し、皮が剥けたり肌荒れを起こしやすくなったりします。角質層はなめらかさを失うと、より水分を保持するる力をなくします。表面が傷むと、衣類や外気の刺激に真皮層がじかにさらされます。表皮にあるターンオーバー移行中の細胞がダメージを受けてしまい、健全なターンオーバーが阻害されてしまうのです。若返りがうまくいかないのは、古い皮膚がいつまでも皮膚表面に残り、新しい皮膚がいつまでも作られない場合です。若返りがしづらくなる理由に筋肉の緊張があります。いつも決まった筋肉だけをつかっていると、その部分にしわができやすくなります。 顔に張り巡られている表情筋を動かすには、表情を変えることです。時には笑い、時にはいいたいことをはっきりと相手に伝え、無表情にならないことが大事です。目の周りの皮膚は薄くてやわらかく、乾燥への耐性がないためしみやしわができやすいようです。表情筋のマッサージやエクササイズで、顔の若返り効果を得ることが可能です。