無添加の基礎化粧品の選び方

最近は、無添加で低刺激をうりにした基礎化粧品が多く販売されています。
無添加の基礎化粧品を使った事が無い場合、何を基準に選んだら良いのかわかりにくいですよね。
無添加化粧品を選ぶとき、基準にするポイントについて考えてみましょう。
そもそも、無添加の基礎化粧品というと何を指すのかというと、肌に影響を与える可能性のある「指定成分」と呼ばれる102種類の成分と、合成剤が配合されていないものを指します。
無添加の基礎化粧品の基準が定義されていないのは意外な事ですね。そのため、指定成分と合成剤が入っていなくても、防腐剤や着色料など、他の添加物が配合されている可能性はあるのです。そこでおすすめしたいのは、無添加の基礎化粧品を選ぶポイントは、無添加という表示があるだけで安心せず、配合成分に目を通す事です。
化粧品の成分というと一見難しく見えますが、基本の成分を覚えておけばそれほど難しくありません。
また、無添加化粧品の口コミサイトや、化粧品成分の見方についてはまとめたサイトもあるので見てみると参考になります。アレルギーや敏感肌の人たちが集まるようなコミュニティもあるので、情報収集することもできます。
質問サイトを利用すればより知識が深まるのでおすすめです。無添加基礎化粧品について情報収集をして、本当に自分の肌に合った製品を選びたいものですね。