にきびの痕を残さないために

ニキビ跡を作らないためには、毎日のスキンケアが重要なポイントになります。
ニキビ跡以前に、にきびができないように気をつけることも大切です。ニキビの原因は皮脂汚れや炎症であるといわれていますが、皮脂の過剰分泌の原因は油脂の多い食事や不規則な生活です。また、睡眠に関してはにきび以外にも肌荒れや健康に関わってきます。きちんと質の良い睡眠をとるようにしましょう。
栄養バランスの乱れも肌トラブルにつながります。脂っぽい食事をとると皮脂も増えるので、にきびが気になる人は油ものは控えめにしましょう。肌のターンオーバーを正常にするなら、ビタミンCが効果的です。ビタミンCは色素沈着の改善にも効果的なので、にきび跡の速やかな回復のために積極的に摂取しましょう。
茶色のニキビ跡ができているときは紫外線にも要注意です。日焼け止め効果のある化粧品を使ってにきび痕の部分が紫外線にさらされないよいにしましょう。基本的ににきびができたときはいじらないのが鉄則です。
髪が当たるのもよくありません。にきびを隠そうとして髪で覆う人もいますが、にきびが悪化する原因になるのでやめましょう。ストレス対策もにきび予防には大切です。肌の状態を気に病みすぎてストレスを溜めていると、ニキビの治りが遅くなるので気をつけましょう。