美容整形で小顔になれる方法

小顔になれる方法を追求していくと、整形にいきつきます。手術は最終手段だと思っている人は少なくないようですが、この頃はそんな印象も変化しているようです。メスを用いる整形がこれまでの小顔手術でしたが、最近はメスのいらないプチ整形も人気があるようです。えらの骨を切除したり、顎などの脂肪を吸引するという方法が、手術としては一般的です。この方法でなら、顔の形を決める部分を変えることになるので、永久的な小顔が期待できます。けれども、小顔手術は決して安くはありません。脂肪吸引でも20万は必要になります。100万円以上の手術費用がなければ、えらの骨を削って小顔になることはできません。顔の印象がかなり変わるので、決断するにはかなりの勇気が必要なようです。顔にメスを入れなくても小顔になれるプチ整形は最近人気で、タレントや女優さんなんかも気軽にやっているそうです。ボトックス注入といわれているこの方法は、顔にボツリヌス菌由来の薬剤を注入することで、顔の筋肉に影響を与え、小顔になれるという方法です。ボトックスを作る元となるボツリヌス菌は食中毒を引き起こす菌ですが、ボトックスは元々シワ取りなどに利用されています。小顔になれる方法としてのボトックス注入法は、利用するボトックスの量によって金額が決まりますが、手頃な価格でできるために多くの人の人気を集めています。