痕の残りやすいにきび

にきびを治すのはなかなか大変で、場合によっては痕になることがあります。そのにきび痕はすぐに消えるものではなく、時間が経つとだんだん薄くなっていくものです。
にきび痕にもいくつかの種類があります。皮膚に凹凸がなく、赤や茶色の色素沈着になった状態は、時間が経てば次第に薄くなっていきます。にきび痕の部分の肌がくぼんでしまった場合は要注意です。
くぼみができたしまったニキビ跡は、腫れが大きかったかにきびの数が多かったかによってできます。
体質や肌質によってもニキビ跡の回復に個人差があります。
ニキビが後になりやすい体質の人は、ほかの傷も残りやすい傾向があります。ケロイドになりやすいという人は特に気をつけましょう。凸凹のにきび痕は、放置しても自然に消えることがありません。にきび痕が目立つことでかなり気に病んでいる人もいます。ニキビ跡を治療するために、皮膚科や美容外科に通っている人も少なくありません。
医療機関での治療は、専用のテープやステロイド注射を用いる方法が一般的です。
治療の効果は体質や肌の状態によって異なるので、まずは診察を受けることからはじめましょう。
病院で治療してもにきび痕を完全に消し去ることができるとは限りません。
へこんだ痕を縫ったり削ったりする治療もできますが、これには専門技術が必要となります。
事前にカウンセリングを受けることによって、にきび痕の治療の方向性を決めるのが良いでしょう。