女性ホルモンの減少で、皮膚は薄くなる

皮膚の菲薄化(ひはくか)。これは加齢とともに徐々に皮膚が薄くなっていく現象です。真皮の中のコラーゲンやエラスチンの量が減少するのが原因で、肌の潤いや弾力がどんどん失われていきます。

皮膚の菲薄化に深くかかわっているのが、女性ホルモンの減少です。女性ホルモンは20~30代をピークに減少に転じ、更年期を迎えると急激に低下します。これに伴い、コラーゲンの生成も低下し、肌から若々しいふっくらした感じが失われていきます。このように皮膚は、さまざまな原因で老化を起こします。

肌に限らず、年をとれば老化は避けられませんが、原因をしっかりつかんでいけば、予防・改善が不可能ということはありません。簡単にあきらめず、皮膚の若返りを常に心がけたいものです。

なお、皮膚の付属器官として、毛根や皮脂腺、汗腺がありますが、いずれも大切な働きがあります。毛、髪は皮膚の角質が変化してできたもので、表皮の保護や体温調節などの働きをします。

皮膚面から出ている部分を毛幹、皮膚の中に入っている部分を毛根といいます。皮脂腺は毛根と一体の付属器で、皮脂を分泌し、皮膚の表面に潤いを持たせて滑らかにする働きがあります。

汗腺は体温の調節に欠かせない器官で、エクリン腺(普通の汗を出す腺)とアポクリン腺(わきの下、ワキガの原因になる)の2種類があります。