肥満の予防

肥満の予防については、日本はもちろんアメリカなど欧米諸国でも重要なテーマになっている問題です。
欧米諸国では3人に1人が肥満と言われ、肥満は社会問題となっています。国によっては成人の約半数が肥満いうデータもあり、肥満予防対策は大きな課題となっているようです。日本でも肥満人工は年々増えていて、健康面においても肥満予防は重要なテーマとなっています。肥満には遺伝的要因もありますが、多くの場合、生活習慣の乱れに原因があるため、食事の見直しが肥満予防の第一歩とされています。
肥満に悩む人は高カロリー食を好んで食べる傾向があります。
本来は食べ物から摂る摂取カロリーと、活動で燃焼する消費カロリーのバランスを取りながら太らないように健康維持するのが人間の在るべき姿ですが、バランスが崩れると肥満まっしぐらです。
食事からの摂取カロリー量が増えるのは、脂質や糖質が多い欧米食が日本でも普及したことが挙げられます。
逆に運動不足になることが増えているので、肥満になりやすくなるのは当然なのです。
ストレス社会も肥満の原因になります。ストレス対策に飲み食いする機会が増えることや、ホルモンバランスや代謝が乱れることにつながるからです。ストレス太り対策には、食事以外のストレス解消法を探すことや、運動で発散するなどの方法がおすすめです。
太るのは簡単でも痩せるのは簡単ではありません。肥満は事前に予防することがなにより大切なのです。