EPA、DHAサプリメントの注意点

健康のためにEPAやDHAのサプリメントを活用するのは良いことです。
EPAやDHAには、血液をサラサラにする効果があります。
それは、血液が固まりにくくなるということです。DHAやEPAを補給する時、食品から取り入れる場合はお腹が満たされればそれで自然と打ち止めにしますが、サプリメントで取り入れる場合は摂取量がオーバーすることがあります。
すでに血液凝固を防止する薬を処方されている人は注意が必要です。
EPAやDHAのサプリメントを摂取することで、その効果がより強く出ることが考えられ、血液が凝固しにくいために切り傷の治りが遅くなることがあるのです。
また、DHAやEPAは油で構成されているため、酸化の影響を受けることがあります。
そのため、天然の食材から摂取する時は新鮮なうちに食べることが大切です。サプリメントの場合は、賞味期限を確認して開封後は長期間保管せずに毎日飲むようにしましょう。
茶色や緑色の色つきボトルに入っているサプリメントは、光の影響を避けられるのでできるだけ色つきボトルに入った物を選びましょう。開封後に放置すると、酸素による酸化の可能性があるので直射日光の当たらない冷暗所に保管して最後まで使い切りましょう。
賞味期限切れのEPAやDHAサプリメントは、じんましんなどが出ることがあるので使用は避けてください。
サプリメントは食品に分類されるので、賞味期限は容器に記載されています。
安全に飲むためには、しっかりチェックすることが大切です。