美脚は冷え性と筋肉不足の改善がポイント

誰もがうらやむ美脚になるためには、冷え性と筋肉不足を改善するのがポイントです。

冷え性はむくみに関係しています。夕方になるとふくらはぎがパンパンにむくんだり、靴がきつくなったり、ソックスのゴムのあとがいつまでも残ったり、冬場はブーツのファスナーが上がらなくなったりといったことはよくあります。

体が冷えるために、代謝機能が低下して水分代謝がスムーズにいかなくなることで、下半身全体が冷えてむくんでしまうのです。水分を摂るとむくみが出るからといって、水分の摂取を控える人がいますが、たっぷり水分を摂った方がむくみにはいいといわれています。

それから、塩分は体内で水分と結合するので、塩辛いものを食べ過ぎるとむくみやすくなります。冷え、むくみを解消するだけで、脚がふたまわりくらい細くなると言われています。

エステでむくみケアを受けた友人なども、1回の体験でびっくりするほどサイズダウンして、見た目も変わったと驚いていました。脚が太くなったのではなく、むくんでいただけで、実際には太くないということがエステで初めて発覚したというのはよくあるそうです。

代謝がよく、健康的で引き締まった美脚になるために、体が冷えたらすぐにむくみ対策をしましょう。

資産があると、返済額が増えるケースも

小規模個人再生では、借金総額(利息制限法に基づいて引き直した総額)に応じて、返済しなければならない金額(最低弁済基準額)が決まります。ただし、どんなケースでも、この最低弁済基準額さえ支払えばよいというわけではありません。

自己破産は「借金の支払いをせず、借金を解決する方法」です。しかし、一定の資産があれば資産は現金化され、業者などに分配されます。小規模個人再生では、自己破産したときに分配される資産があるかどうかが問題にされるのです。

具体的なケースで考えてみましょう。仮に5社から借り、借金総額は450万円、資産は200万円のHさんがいたとします。このとき自己破産と小規模個人再生ではどんな違いが起こるでしょうか。

自己破産の場合……450万円の借金はなくなるが、200万円の資産を現金化して5社に分配する。分配する額は、各社の借金額によって決まる。 

小規模個人再生の場合……返済しなければならない金額は総額100万円。5社の借金額に応じ、この100万円を分配する。資産は処分せずにすむ。

Hさんにとって、どちらが有利でしょう。もちろん、小規模個人再生です。小規模個人再生をすると、支払いで100万円有利になります。しかも、自己破産と違い、小規模個人再生では、200万円の資産を持ち続けることができるからです。

あなたがヤミ金被害で悩み苦しむ事はない

ジャパンネット法律事務所は実績件数が5000件と多く、警察との太い繋がりもあるのが特徴です。
ヤミ金被害でお悩みの方は、まずはジャパンネット法律事務所に相談してみることをお勧めします。

ヤミ金業者は「お金に困っている人」が食いつくような好条件や、大手企業に酷似したロゴや名前を使用することで、「ここなら大丈夫」と思わせ、ヤミ金地獄への罠を仕掛けてきます。

一度ヤミ金業者からお金を借りてしまうと、違法な高い利息や取り立ての電話、職場や家族・親戚への嫌がらせなど、返せなくなるたびにどんどん被害が拡大していき、利息も膨らんでしまいます。そうなると、専門家の力なくしては問題を解決することはできません。

もし万が一、ヤミ金に手を出してしまった場合には、焦らず落ち着いてすぐに専門家に相談してください。
原則として、ヤミ金からお金を借りても返す義務はありません。法律上は、借りた金額=元本さえも返す必要がないのです。

さらに、すでに返済した元本利息も取り戻せる可能性があります。ヤミ金はこういったことを全て理解したうえで違法な行為をしているのです。

ということは……いくらお金を借りてしまったからといって、違法な高い利息を払い続ける意味もなければ、嫌がらせを受ける意味もありません。つまり、あなたがヤミ金被害で悩み苦しむ事はないのです。

しかし、先ほど述べたように、ヤミ金に手を出してしまうと、専門家の力なくして問題は解決しません。ですから「ヤミ金に引っかかった」と分かったら、すぐにジャパンネット法律事務所に相談してください。実績豊富な経験と知識から、あなたに最適な解決方法を提案し、サポートしてくれます。

パウダ-ファンデーションには紫外線カット効果がある

日焼け予防には、パウダーファンデーションを重ねると効果的です。パウダーファンデーションは、とくに日焼け止め効果をうたったものでなくてもすべて、紫外線防止効果をもっています。

ファンデーションの色粉は、紫外線散乱剤と似たようなものだからです。たとえば、レーザー治療をするときに、パウダーファンデーションが肌に少しでも残っていると、レーザーの光が跳ね返されてしまうほどです。

日焼け止め化粧品だけに頼っていると、どうしても多少はシミができてくるものですので、ファンデーション(もしくは粉おしろいでも可)を重ねるとよいでしょう。リキッドやクリームタイプよりもパウダータイプがよいのは、リキッドやクリームタイプには界面活性剤などが含まれていて、肌荒れの原因になることがあるからです。

日焼け止め効果をうたっているファンデーションもありますが、これらは逆に、紫外線吸収剤を含むことがありますので、あえてそのようなものでなく、普通のパウダータイプを選ぶ方が、肌にはやさしいといえます。

家にいることが多い主婦の人などは、メイクをする必要がないので、日焼け止め化粧品だけを塗って過ごす場合もあるようです。しかし、日焼け止め化粧品だけを塗るならば、パウダーファンデーションだけを塗る方が、シミになることは少ないようです。

実際に女性たちの肌を見ていると、日焼け止め化粧品だけを塗って素肌でいる人は、シミができやすいようです。これは、日焼け止め化粧品を塗る量が少なめであることとも関係しているのでしょう。